※夏の日差しの熱を遮るには、窓の外で※

こんな悩みはありませんか

  • 夏になると、窓から入ってくる日差しが熱い。
  • 特に、西日が強くなり、熱が入ってくる。
  • 外で、子供たちを簡易プールなどで遊ばせるとき熱中症が心配。
  • クーラーの危機が悪く、電気代がかさむ。(省エネしたい)
  • 近年室内での熱中症が増えてきているので、熱を感じにくい高齢者が心配。

室内に入ってくる熱のほとんど(70%以上)が窓からと言われています。

窓からの日射熱を遮るには、窓の外で遮ることが最も有効的です。

古くからある、簾(すだれ)やよしづが効果があります。

また、ホームセンターなどで安価に売られている固定タイプのシェードなどもあります。



外部に設置できる日差し避け

About us

  • 簾(すだれ)・よしづ

    なんといっても、安価でだれでも取付ができ、ホームセンター(最近では100円ショップでも)など簡単に手に入れることができます。

    古くからある日よけで、主に簾は竹、よしづは葦(よし・あし)で手編みで作られています。最近ではプラスチックなどで作られています。

    使わない時期には、外して片付ける必要と保管場所を確保する必要があります。

    寿命も2年程度と言われています。

    また、台風や強風の場合も、外しておく必要があります。

    ダウンロード (3)
  • 固定タイプ シェード

    こちらも、安価(簾と比べると高いですが)でホームセンターなどで簡単に手に入る商品です。簾と同じくご自分で取付(DIY商品)。

    上部を取付ける場所によって別売りの部品を検討購入する必要があります。

    新しい住宅だと、なかなか後つけする場所もなく、ほとんどの住宅では綺麗に取付ができていません。

    簾・よしづと同じく、必要のない時期や台風や強風のときには外す必要があります。


    網戸にフックを両面テープなどで張りつけたうえで取付けている家もちょくちょく見ますが、網戸の本体が壊れやすくなるのでやめましょう。

    網戸はそのような重量を支える耐久性はありません。



    ダウンロード (4)

窓の上につける、巻き上げ式の外付けシェード

窓の上にBOXを設置し、シェードを収納ができますので、不要な場合は、巻き上げておけばいいだけ、外して納屋などに片付ける必要はありません。

窓だけでなく、軒天下やテラスなどにも取り付けることができます。







ダウンロード
お急ぎの場合は電話窓口まで、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 9:30~17:30

Access


金沢屋 武庫之荘店

住所

〒661-0003

兵庫県尼崎市富松町3-23-39

立花連棟

Google MAPで確認する
電話番号

0120-725-926

0120-725-926

営業時間

9:30~17:30

定休日

日 不定休

対応可能なエリアやお問い合わせ方法などを掲載しておりますので、ご依頼時にご参照ください。経験豊富で確かな腕を持った職人が出張し、丁寧な作業で施工を行っており、ご利用いただいた方からも信頼感があると好評です。

お問い合わせ

Contact